HOME>アーカイブ>初めて使用する人のためのアドバイスと基本的な仕組み
薪ストーブ

初心者が気をつけたほうが良いこと

薪ストーブを初めて使用する人が気をつけたほうが良いことは、使用中に換気をしっかりとすることです。キャンプなどに持って行って使用する場合には、特に換気を十分に行う必要があります。外で使用する場合には換気の問題はありませんが、テントの中で使用するときには、燃焼によって発生した二酸化炭素を外部に放出することで安全に使用できます。薪ストーブの喚起のために用意しておくと良いのが専用の通気口です。テントの中に通気用の管を入れてストーブのそばなどに置いておき、管の片方をテントの外側に出して会おけば、テントの内部にたまった二酸化炭素を外部に放出しながら新鮮な空気を取り込めます。

薪を入れて燃やす仕組み

薪ストーブは内部に薪を入れて燃やすことで、室内を暖める仕組みです。ストーブの内部にある薪を入れることができる空間に薪を入れて燃やしますが、中で薪を燃やしやすくするためには、まず火をつけやすい薪を選ぶのがコツです。火がつきやすいのは細めの薪で、着火剤を使用して燃やせば初心者でも安全に火を起こせます。細い薪が燃えてきたら、あまり大きくないサイズの薪を追加で入れて、部屋を暖めるために十分な暖気が発生するのを待ちます。

空気の調整の仕組み

薪ストーブを使用する場合に注意しなければいけないのは、空気量の調整です。薪ストーブには本体に煙突がつけられていますが、空気の量を調整できるレバーを動かして、内部にしっかりと空気が入るようにします。炎の勢いを強くするためには薪の量を追加する必要がありますが、ストーブの内部にそのまま薪を放り込むよりも、火が均等に燃えるように置く位置を調整したほうが、薪が燃えやすくなります。空気量を調整すれば、火の勢いを弱めることができます。

広告募集中